魂の鼓動

私達は今ここに、魂をもって生きている

感じやすい人へ。生きづらいのは、あなたが弱いからではなくエンパス(共感能力者)だから(1)

ヒーラーになると決めてから本当に不思議なもので、

かつての私と同じような悩みを持つ人達に立て続けに会うようになりました。

それは、

エンパシー(共感能力)という能力を持つ人達(=エンパス、共感能力者)のことです。 

すごーく簡単に言うと「感じる力が強い人」。

でももう少し言うと、多分経験のない人には全然想像つかないと思いますが、

「人の感情や体感を自分の感覚のように捉える人」

です。

 

エンパシーは能力の1つで、

人を理解したり人間関係を築くためにはとても役に立つ優れた能力です。

けれどもデメリットもあって、

周りからのネガティブな影響を受けやすかったり、

今感じている感覚が自分自身のものなのか周りからのものなのか、

どっちか分からなくなって混乱したりもします。 

普通の日常生活でも精神的負担を感じることが多い上に、

周りに全く理解されず、沢山傷ついたり疲れたりしている人の何と多いことか…。

今更ながら、私だけじゃなかったんだと知っているところです。

 

 

それでは、

私がこういった人達と話をした時に、

だいたい共通していると感じていることを挙げてみます。

 

  • 怖い映画やテレビ番組、本などが苦手。
  • 人と会うと疲れる。(ネガティブ思考な人や疲れている人、人混み)
  • 自分の捉えた感覚を人に伝えても、理解してもらえない。こんな感覚をもっているのは自分だけだと思って生きてきた。
  • 人の気持ちや考えていることが、言われなくても分かることが多い。
  • 感じやすい、疲れやすいのは自分が弱いからだと思っている。
  • 今までの人生で1度は精神を病んだことがある。
  • 優しくて思いやりのある性格。
  • 少し霊感がある。 

 

上記の項目を見て、

まさに自分も同じことで悩んでいるという人、

少なくないんじゃないかと思います。

 

 

本当にここ最近、

立て続けにエンパスの人に会っていることから、

これは私に何か行動しろという意味だろうと思い、

このブログを書き始めています。

これから何回かに渡り、エンパスについて自分自身の経験や、独学で学んできたことを、できるだけわかりやすくまとめて書いていこうと思います。

 

 因みに私はエンパスでありながら、今は人や周りの影響を受けて疲れてしまうということが、ほとんど皆無になりました。

生きるのが本当に楽になっています。

そんな体験談も含めながら。

 

エンパスかもしれないと思う方もそうでない方も、

思った以上に悩んでいる方はたくさんいらっしゃいますので、

是非ご参考になさってください。

エンパスの方達の生きづらさが、少しでも解消されますように。