魂の鼓動

*スピリチュアルセラピスト・インスピレーション画家 トーマスりか のブログ* 私達は魂をもって生きている

サイキック能力は、相手の承諾なしに勝手に使ってはいけない

もしもあなたが。

 

承諾なしに、

自分のプライベートや心の内が知られたとしたら?

承諾なしに、

自分の心や行動が操作されてしまったとしたら?

 

 

サイキック能力は、

相手の承諾なしに、

勝手に使ってはいけません。

 

 

承諾なしに、

人が表に出していない情報を拾うことは。

自分が席を外している間にこっそりバッグの中を覗かれることと同じ。

ノックやチャイムなしに自分の部屋を勝手に開けて見られることと同じ。

 

承諾なしに、

人のエネルギーを動かすことは。

自分の手によって無防備な人を操作・コントロールしてしまう行為。

または自分の力で生きていく力や可能性を奪う行為。

 

 

サイキック能力が高まる程、

そんな危うさと隣り合わせの境地に立たされていることも実感します。

今の自分はまだ、

何でもかんでも使いこなせているわけではありません。

でもいつかはきっと、

知ろうとすれば知りたいことは殆ど何でも知れる。

やろうと思えば人だってある程度はコントロールできる。

そんな地点にもいつか到達するんだろうなと感じています。

怖い話だけど、

もしも誰かが悪用しようとすれば、

それだってできてしまう。

それが実感を伴って分かってきたからこそ、

サイキック能力は慎重に使わなければならないと、

はっきり思います。

 

 

f:id:rikathomas:20180208001014j:plain

 

 

特に感覚が開き始めの人等は要注意です。

多くの人が、

自分がまるで何でもできるかのような、

自分が人よりも優れているかのような、

万能感や優越感を少しずつ感じるようになります。

そうすると、

自分の能力を試してみたくなったり、

人に披露したくなるなる時期が、

一時的にあるんです。

 

けれども無闇に使うサイキック能力は、

時に人を傷つける刃にもなります。

仕事にしている人、

していない人も含め、

サイキックな人と関わった時、

そんな経験を何度かしたことがあります。

私が経験した分かりやすそうな例を、

2つ挙げてみると。

 

初めての育児や起業、

また自分の内面的な取り組みで、

心も体もなんだか精一杯だった頃のこと。

人と会う時間は純粋に楽しみたいと、

頑張って、

明るく元気を出し、

ある人に会いに出かけました。

その人はその日が初対面でしたが、

私を見るなり。

初めましての挨拶もなしに、

眉間にシワを寄せながら、

「あぁぁぁ〜〜、大変だったんですねぇ……。

過去に相当(大変なことが)あったんでしょう…。」

いかにも高い所から、

哀れな人に同情してあげようという雰囲気で言ってきました。

私のこと、

まだ一言だって話してないのに。

私は新しい出会いをただ楽しみにしてここに来たのに。

あまりに突然の、

まるで予想外の言葉。

いっぱいいっぱいだった私は、

たったその一言で、

今までの日々の緊張の糸が、

プツンと切れてしまった気がしました。

その後の会話を思い切り楽しむ気力が失われたし、

自分の心をとても軽く扱われた気もして、

なんだかとてもとても傷ついたのです。

 

また別の時には。

頼んでもいないのに勝手にチャネリングをされて、

私の身近な人が近々死ぬでしょうという絶望的な未来を宣告しながらも、

その対処法までは分からないとつき放されてしまったり。

しかもいかにも人事というように、

困った私の顔を見て少し笑っていた…。

そして一方的にされたことなのに、

何故か後からお金をしっかり請求されたという。

きゃー、

最低。

 (結局その予言は外れましたが。)

 

 

でも実はこういう人達、

驚くことに本人達はほんとに良いことしてるつもりなんですよね。

(というか、

そんな錯覚に陥っている。)

相手のためになることをやって“あげている”と。

まさか人を傷つけているなんて、

自分が悪いことをしてるなんて、

思ってない。

でもそういう人の発する言葉の裏には、

どこか

「優越感を感じたい。」

「本当のところ、

人のことなんかどうでもいい。」

という傲慢さを感じます。

(そういう人の裏の気持ちに気付くのは、

私は子どもの頃から得意。)

そういう親切は、

本物じゃない。

自分の力ばかり見ていて、

一番大切な、

人の心

を見ていない。

 

サイキック能力を使って知らされたことや、

アドバイスされたことが、

どんなに正しくても。

それが相手の心に配慮した形で伝えられなければ。

そして、

相手に受け入れる準備が整ったタイミングでなければ。

それは暴力にもなるのです。

 

 

私は相手の承諾なしに、

人の中のことを知ったり詮索することは殆どありません。

(仕事でも意図して能力を使う場合は、

「いいですか?」となるべく事前に承諾を得るよう心掛けています。)

それは無理に自制しているわけでもなく、

そもそもそんなことには、

全く興味が湧かないから。

だって、

サイキック能力を使うには、

エネルギーも消費します。

それに、

相手の内々な情報が色々分かってしまったら、

いくら上辺で上手くコミュニケーションをとっていたとしても、

頭の中はそれに捕われてしまって、

その場を100%楽しめなくなります。

…とは言いつつ、

時には無意識に第6感が発揮されて、

偶然何かを知ってしまうということも、

ないわけではありません。

そんな時は、

例えば相手の生死に関わるとかよっぽどの緊急性がない限り、

基本的に勝手に伝えることはしませんし、

その後の詮索もせず、

ただ流します。

 

あ。

よく初めてお会いした人などに私の仕事の内容を言うと、

「今の私の状態を視て下さい!どうですか?」

なんて気軽に言われることがありますが。

それも上記のような理由で、

私は軽々しくは視ませんよ〜!

もしほんとにご希望なら、

お客様として私のセラピーやセッションをお受けくださいね。

 

 

*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。*..。 

 
 
(^^)メニューの詳細や、お申込み・お問い合わせはHPからどうぞ(^^)
   ※ 対面セッションは、東京都文京区のサロンで行っています。
   ※ 近くにお住まいでない方には、オンラインセッションもご用意しています。
 
     魂のあとりえ HP  ←ここをクリック! 
 
 

スピリチュアルセラピスト

インスピレーション画家

トーマスりか